東京観光専門学校トップ 募集要項 本校学生への特典

本校の特典

新聞奨学生などの受け入れ

(1)新聞奨学生は、クラス編成・時間割などによって勉学と仕事の両立が妨げられないように考慮します
(一部の学科を除く)。

(2)社員寮通学生の受け入れも実施。その他、勤労学生に対する考慮も新聞奨学生と同等です。

各種奨学金制度

本校は日本学生支援機構・東京都育英資金の認定校です。月額で奨学金が貸与される奨学金制度で学生生活をサポートします。

勤労学生所得税控除

本校に在学する勤労学生は学校法人の特典として勤労学生所得税控除の適応を受けられます。

卒業資格

本校において2年制以上の課程を修了した学生は、人事院規定により短期大学2年制課程卒業と同等の資格が与えられ、国家公務員採用の際にも役立ちます。また専門士の称号も付与されます。

育英資金の貸与

本校に在学する学生(ただし、昼間部2年制以上の課程)には、申請・審査の結果、東京都育英資金または日本学生支援機構奨学金が貸与されます。申請・審査の資格は入学後の適用となります。

校友会

本校では卒業後のネットワークとして、卒業生が会員となる校友会が組織されています。校友会会則に基づく役員の選出や、「相互の親睦を深めると共に、より卒業生および学校の発展に寄与し、その活動を通じて国際的な観光文化と社会発展に貢献する」という目的で総会などが開催されます。

鉄道・バス学生割引購入

本校に在学する学生が通学用に鉄道・バスを利用する場合、交通機関の規定により通学定期を購入することができます。また、長距離の鉄道。バスを利用する場合、交通機関の規定により学生割引にて乗車券を購入することができます。(入学後学生証配布日より適用)

学生傷害保険

本校では、入学日より卒業までの在学中に発生する交通事故やケガなど学生の不慮の事故に備え、保険会社との契約により学生傷害保険を全員加入で行っています。

教育ローン制度

本制度は、専修学校基準により、専門学校として認可されている為ため、入学希望者・在校生共に国及び全国の金融機関などから低金利にて学費融資を受けることが可能です。経済的理由で、入学を迷っている方は保証人(保護者)と相談のうえ、本制度の利用をご検討ください。

学校教育法による専修学校の資格を有する者については、次によりそれぞれの区分に属する学歴免許などの資格を有する者に準じて取り扱うことができる。

(2)修業年限2年以上の専門課程の卒業生「短大2卒」の区分
内閣人事院 細則給実甲326号初任給、昇給、昇格等の基準

内閣人事院 細則給実甲326号 初任給、昇給、昇格等の基準

※上記の通り専門学校としての学校法人である本校を卒業しますと、就職、初任給、昇給などにおいて有利です。

国家公務員採用一般職試験の受験資格

専門学校2年課程卒業者および、卒業見込者は一般職試験の受験資格を有します。一般職試験とは、旧来の試験区分、国家公務員採用II種試験が、平成24年4月改正公示されたもので、受験資格は、専門課程(2カ年)・短期大学の卒業者および卒業見込者となっています。本校の2年制以上の学科を卒業された方は、上記受験資格を得られます。

東京都育英資金・日本学生支援機構

本校に在籍し、勉学態度良好であり、経済的に学費を補う必要のある学生に対し、東京都育英資金または日本学生支援機構奨学金が貸与が受けられます。
東京都育英資金の詳細はこちら
日本学生支援機構の詳細はこちら

日本政策金融公庫「国の教育ローン」

国の教育ローンは、高校、短大、大学、専修学校、各種学校や、外国の高校・大学等に入学・在学するお子さまをお持ちのご家庭を対象とした、公的な融資制度です。

専門士の付与

東京観光専門学校は文部科学大臣より「専門士」の称号を付与できる専門学校に指定されています

専門士の概要

何を学び、どのような技能・教養を身につけ、人間性を豊かに育んできたのか…。専門士はこうした生涯学習の成果を適切に評価するため、文部科学大臣が創設し、告示した称号です。文部科学大臣が認可した特定の専門学校を卒業することで付与されるこの称号は、実社会での高い評価を約束するものです。

専門士誕生の社会的背景

情報化、国際化といった社会状況の変化や個人の知的興味の多様化に伴い、学習意欲は日増しに高まりをみせています。こうした時代の声を尊重し、政府および文部科学省が推進しているのが「生涯学習社会」の構築です。出身校に重きを置く「学歴偏重社会」ではなく、実技能や教養が重要視される社会を「生涯学習社会」と呼んでいます。こうした社会の働きをさらに活性化するため、専門士の称号を付与する本制度が生まれました。専門士の称号授与書には修了課程・学科名が記載されるため、これまで実務でしか判断できなかった技術、技能、教養の学習成果を、第三者に提示することができます。

専門士指定校としての評価を得た本校の教育体制

本校は創設以来、社会や個人の学習ニーズに応える細やかな学科およびコースを設立。豊富な経験と実績を有する講師陣と共に、新時代を担うスペシャリストを育成してきました。さまざまな業界に有能な人材を数多く送り出すことで、社会的信頼を得ながら、日本の教育に貢献してきたと自負しています。また実績だけでなく「総授業時間数1,700時間以上」「修業年限2年以上」「卒業認定が試験などによる成績評価に基づく」など、教育に対する積極的な取り組みが評価され、平成7年1月から専門士指定校に認定されました。本校は全学科(昼間部、2年制以上の学科対象)で専門士の称号が取得できます。

国家公務員採用基準

専門学校卒業生は人事院規則により、短期大学2年課程卒業と同等とみなされます。

就業年限2年以上の専門課程の卒業者「短大二卒」の区分
注:内閣人事院、細則給実甲326号より抜粋
  初任給、昇格、昇格等の基準

国家公務員採用一般職試験の受験資格

専門学校2年制・3年制課程卒業者及び卒業見込者は、国家公務員採用一般職試験の受験資格を有します。一般職試験とは、主として事務処理等の定型的な業務に従事する係員の採用試験です。本校の2年制以上の学科を卒業された方は、一般職試験(大卒程度試験)の受験資格を得られます。

course guide 資料のご請求 visiting the TIT 学校見学へどうぞ how admission 入学方法について
東京観光専門学校の魅力満載!!スクールガイドをご請求ください
ページTOPへ戻る
  • 東観のすべてがわかるスクールガイドをどうぞ
    • 入学案内書 資料請求フォーム
    資料請求
    CLOSE